指導法

指導法 · 27日 4月 2022
20代のころの演奏会で シューベルトの最後のピアノソナタ作品960 変ロ調を弾いたとき 雑誌の批評欄に 「音は大変美しいが 音楽の内面にまで踏み込めていない」 と載ったことがありました。 私としては音が美しかったと褒めてもらえただけで満足でしたし 踏み込めていないと言われれば そうかも知れないなとも思いましたが 当時の私には精一杯の演奏でした。...
指導法 · 21日 4月 2022
CLIL教育とは何か? 詳しくはこちら↑からお読み下さい。 「CLILは、Content and Language Integrated Learningの略称です。 教科科目やテーマの内容(content)の学習と外国語(language)の学習を組み合わせた学習(指導)の総称で、日本では、「クリル」あるいは「内容言語統合型学習」として呼ばれ定着しつつあります。...
指導法 · 18日 1月 2022
チェルニー30番をやらずに音大に入っている友人たちが とくに技術的に劣っているわけではなく 替わりに何をするかと言うと グレードの試験を受けるのです。 音大受験に必要なグレード8では ベートーヴェンの初期のソナタなどが 課題に入りますが バロック・クラシック・近現代と 3曲が課題になるのが普通で それは グレード1から同じです。...
指導法 · 11日 1月 2022
先日 野球をする子どもが少なくなってきている という記事を読みました。 それは今にはじまったことではなく 我が家の子どもタチが小学生だったころの20年くらい前 すでに通学する小学校に2つあった野球チームが 存続の危機に瀕していました。 理由はいろいろあると思います。 ・子どもの数が少なくなった。 ・親の当番制などのないスポーツのクラブができ...
指導法 · 22日 11月 2021
ピアノが2台になってから レッスンの時にピアノを弾くことが多くなりました♪ いろいろ言いたいことがあっても  つくづく説明の語彙が足りないことに自己嫌悪になるのですが 例えば音の出し方だったり力の入れ方・抜き方 強弱のバランスやフレーズの歌い方 言葉を尽くしてもなかなか言い切れないことは すぐに弾いて聴いてもらうこと...
指導法 · 13日 9月 2021
夏休み後のレッスンがはじまり 私自身もの生活のリズムも戻ってきました。 忙しくも楽しかった家族との夏休みが終わり 久しぶりにPETROF Stormを弾ける喜びをかみ締めています^^ さて 次の発表会は来年の3月19日 奇しくもワタクシの誕生日 且つ 千葉に来てから10回目の発表会となります。 節目の発表会でもあるので 本当はレッスン室のピアノも2台になったことだし...
指導法 · 28日 1月 2020
雪の予報もあった今日ですが 都心までは雪にならなくて良かったです。 備えが無いから 数センチの雪で 大騒ぎですものね(>_<) さて 積み重ね です。 何事もそうかと思いますが 特に才能のある人でも 努力の積み重ねは 必ず必要なことだと思います。 発表会まで2ヶ月を切り 順調に進んでいて「もう1曲弾きましょうか?」...
指導法 · 22日 10月 2019
ラグビーワールドカップ 初めてベスト8に残った日本のチームも 南アフリカには残念ながら勝てませんでした。 それでも 最後まであきらめない姿勢 予選リーグでの素晴らしい戦いは 国中を熱狂させました。 あまりスポーツ観戦をしない家族も 一緒にテレビで応援していました! 選手のみなさま 本当に感動をありがとうございました!...
指導法 · 29日 9月 2019
先日 アメリカ指導者団体の 日本支部の先生から セミナーのお誘いがありました。 個人的に アメリカの教材も使っているので 興味深いところがあります。 アメリカもイギリスも 何が日本と違うかと言うと 始めたいときにはじめる という基本姿勢かと思います。 日本では 早期早期と 3歳で4歳で  と急かさせるように始めます。...
指導法 · 16日 9月 2019
千葉の台風被害が海外でも報道されるにつれ 海外の友人たちからも お見舞いメールが届いています。 ありがたい事ですが 特に被害が無かったよ というのもとても心苦しいです(/ω\) 1日も早い復旧を願うのみです。 さて ケーキとピアノ♪って? 関係性は何ぞや?と思われるでしょう。 昨夜 たまたまテレビで  著名なフレンチペストリーのパティシエが伝えた...

さらに表示する