■ 講師プロフィール ■

 

ウィリアムス美由紀

 

札幌市出身

高校卒業後、渡英。Trinity Laban Conservatoire of Music and Dance 

(トリニティ ラバン コンサーヴァトワ オブ ミュージック & ダンス 元 ロンドン・トリニティ音楽大学)演奏家コース・王立音楽大学アドバンストコースで学ぶ。

 

在学中は数々の学生コンクールで最優秀賞を受賞。大学2年・3年次は奨学生となり、奨学金を受ける。

日英音楽協会交歓コンサート、イギリス音楽家協会主催によるリサイタル、ロンドン・ウィグモア・ホールでの受賞者コンサートほかイギリス国内にて数多くのでのコンサートに、ソリスト・伴奏者として出演。


大学在学中より、フランス人、オランダ人、イギリス人にピアノレッスンをはじめる。

 

’87年に帰国後は、札幌市を中心に北海道にて活動。リサイタル、ジョイントリサイタル、オーストリア・リンツ、ブルックナーオーケストラメンバーによる、アンサンブル・リンツとの演奏会、札幌交響楽団と共演、合唱や歌の伴奏ほか、さまざまなコンサートに出演。

音楽セミナーやマスタークラスでの指揮伴なども務める。

 

北海道マラソンやPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)などでの指揮者マスタークラス通訳ほか・専門書の翻訳も手掛ける。

 

 

2011年3月までは、日本ショパン教会北海道支部地区委員、日本ピアノ教育連盟会員として、数々のコンクール・オーディションの審査にあたる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年5月には、札幌コンサートホール「キタラ」におけるピアノコンサートにて、5台のピアノの作品を指導、演奏。

キタラ小ホールでは、初めての5台のピアノのコンサートとなる。

 

2011年 初夏 千葉市美浜区へ転入。

2012年2月、千葉市民プロデューサー講座での卒業公演で、シャンソンの伴奏を担当。千葉での初舞台となる。

その後、ボランティアコンサート団体「美音の会」の会員となり、ボランティアコンサート活動をはじめる。これまで東京歯科大学病院、海浜病院ほかのコンサートに出演。

また、千葉音楽協会第400回記念記念「第九」コンサートの合唱練習ピアニストを務める。

2017年3月には、千葉音楽協会主催の第4回おんきょうスプリングコンサートに

ソロ・ピアノの演奏で出演。

 

2012年4月より、千葉市美浜区でピアノの指導を再開。2013年3月に門下生による千葉での初めてのコンサートを、美浜文化ホール・音楽ホールにて開催する。その後、毎年3月に門下生コンサートを続け、2018年3月には第6回目のコンサートを開催。

 

現在、千葉音楽協会、美音の会、各会員。